スポンサードリンク

抗真菌剤の副作用

副作用にも個性がある

スポンサードリンク
水虫の治療に使用した抗真菌薬が目的以外に起こす人体に有害な作用を副作用といいます。副作用はどんな薬にもありますが、まれに重い症状を現すこともあるので注意が必要です。
水虫の治療薬も、薬剤である以上副作用は当然考えられます。
その副作用ですが、人間一人一人に個性があるように、副作用にも個人差があります。体質・年齢・性別・その時の体調、生活習慣や環境などによって微妙に変わってくるものです。ですので、副作用はない、あるいはほとんど影響ないといわれている薬剤でも、慎重に対処する必要があります。

妊婦やアレルギー体質の人は要注意

副作用は、ひとつの薬で起こるばかりではありません。他の病気を治療するために複数の薬を使用している場合、それらの成分が相互に影響し合って予想もしないような症状が起こることもあります。
外用薬ではそれほど問題にはなりませんが、水虫治療の内服薬と一緒に他の薬剤を服用する場合は、強い副作用が出る場合もあります。特に、妊娠中の女性、重大な合併症のある人、アレルギー体質の方などは注意が必要です。
これらに該当する人は、必要な情報を医師にきちんと伝え判断を仰いでください。症状や体調によっては、薬が使用できなかったり、薬の種類や量を考慮しなければならない場合もあります。とにかく、正確な情報を医師に伝えて対処することです。

内服抗真菌薬での副作用

内服薬で起こる副作用は外用薬と比較すると、全身に重い症状として現れることが多いです。抗真菌薬の成分が体内にはいると、消化器官から血液の中にとけ込み、水虫の患部に流れていって白癬菌を攻撃するということになりますが、薬が代謝される過程で、各種の臓器にも多少影響を及ぼしてしまいます。
例えば、ある抗真菌薬の副作用として、服用初期の段階で下痢や胃痛、食欲不振が現れることがあります。その他、胃潰瘍、肝臓や腎臓の機能障害などが起こることもあります。悪心、嘔吐、発疹、頭痛、眠気、発熱、関節痛、倦怠感など、様々な副作用が報告されています。
内服薬は、治りにくい角化型の水虫や爪の水虫にたいして使用されますが、中高年の方が治療を受ける場合が多いのです。中高年ですと、高血圧、糖尿病、高脂血症などの生活習慣病を発症している人もたくさんいます。そのための治療薬と水虫の内服薬が影響し合って副作用を起こすことが考えられます。ただでさえ、肝臓や腎臓への影響が考えられる水虫の内服薬です。健康は人はもちろんのこと、合併症のある人は特に、定期的な血液検査を行って身体の異常の有無を定期的にチェックしつつ治療する事が重要です。

外用抗真菌薬の場合

外用抗真菌剤は患部に限定して使用するので、内服薬の場合と違い、健康そのものを害するような重い副作用が起こることはあまり考えられません。
といっても、薬が皮膚に合わない場合は、患部を刺激して赤くなったり、かゆみや痛みなどをともなうかぶれ症状をおこす事はあります。液状薬の場合は、アルコール類が基材として使用されていると爽快感を感じますが、患部にしみたり痛みがなければ心配はいりません。
外用薬の使用で、全身に副作用が現れることはほとんどありませんが、特定の薬剤にアレルギー反応を起こす人は、副作用が全身に出ることがあります。どちらにしろ、何かしら異常を感じたり、症状が現れたり等の場合は、すぐに使用を中止して医師の判断を仰ぐことです。

スポンサードリンク

Filed under: 水虫の診断と治療 — admin 15:25:59

市販薬使用時の注意

本来は専門医に診察を受けるのが良いのですが、忙しいなどなかなか時間が取れなかったりする場合は市販薬に頼らざるをえませんね。市販薬でも薬は薬、使用法を間違えるといけませんので、使用上の注意点を考えてみます。

水虫のタイプで薬を選ぶ

スポンサードリンク
本来は専門医に診察を受けるのが良いのですが、忙しいなどなかなか時間が取れなかったりする場合は市販薬に頼らざるをえませんね。市販薬でも薬は薬、使用法を間違えるといけませんので、使用上の注意点を考えてみます。
まず大事なことは、水虫にはいくつかの型がありますので、水虫の型(タイプ)を見て、それにあった水虫薬を選ぶことです。
薬は、軟膏タイプが使いやすいと思いますが、最近ではあまりべとつかない液状タイプが人気のようです。
最近の水虫薬は効果の高いものが多くなり、正しい使用法で根気よく用いれば水虫を完全に治すことも可能になっています。そこまでいかなくても、一時的に水虫の症状を改善させることは十分可能です。ただし、使用法を間違ったり、水虫のタイプに合わない薬だったり、生活環境を見直さないなどがともなわないと全く薬効が現れないこともありますので注意してください。

いろいろな市販薬をむやみに使わない

水虫の季節になると、テレビ、ラジオ、新聞、雑誌、最近ではネット広告などありとあらゆるメディアを使用して、製薬会社の販売合戦が激しくなります。市販薬を選ぶ時にこういった広告を参考にするのはかまわないのですが、こうした製薬会社の宣伝に惑わされないように、自分に最も適した薬を慎重に選ぶようにしましょう。
あれもこれもと他種の市販薬をとっかえひっかえ用いると、水虫を悪化させる原因にもなりかねません。商品名や製薬メーカーが違っていても、薬の成分が同じである場合も多いので、接触皮膚炎を起こした成分を再度使用してしまうかの性が高くなります。
やむを得ず市販薬で自己治療する場合も、しばらく治療しても改善が見られない場合は一度専門医の診察を受けることをオススメします。

スポンサードリンク

Filed under: 水虫の診断と治療 — admin 20:08:31

処方薬と市販薬の違い

最近は薬局に行けば選びきれないほどの水虫薬が商品棚に並んでいます。1日1回でOKのものとか、強力な薬効をうたった物とかそれはにぎやかです。軟膏、クリーム、液状と形も様々です。
かたや、皮膚科医院で処方される薬も、軟膏、クリーム、液状の物があります。
見た目には違いが感じられない、市販薬と処方薬、何が違うのでしょう?
同じ水虫薬ですが、一番の違いは成分の強弱と言えます。
市販薬は処方薬に比べて成分がコントロールされているので、抗菌作用なども低めに抑えられているのが一般的です。薬にそれほど知識を持たない一般人でも危険な苦安心して使用できるよう、副作用も最小限にとどめられるように考えてあるためです。

最近は、医師が使用する薬を一般向けに使用した市販薬も登場し、注目を集めています。このような薬を「スイッチ大衆薬」と呼んでいるようです。
スイッチ大衆薬は、病院などの医療機関でそれぞれ決められた機関、継続的に使われることで、副作用の少ないことが確かめられた薬だけが転用の対象になっています。水虫の外用薬でも、医療機関で使用されている成分と同じ物が大衆薬にも使われ、市販されています。

処方薬は強力なので慎重に

処方薬医師の処方する薬の多くは、市販薬とは異なる成分が配合されていることが多く、薬の効果が強く出るように処方されていることが多いです。ですので、処方薬はその使用法を誤ると副作用が強く出る可能性があり、薬害のでる恐れもあります。その取り扱いは、使用回数や使用量など必ず医師の指示を守り慎重に使用するようにしましょう。

Filed under: 水虫の診断と治療 — admin 21:40:55

根拠のない民間療法は危険

白癬菌に関する民間療法は

  • 食用酢を薄めて足を浸す方法(臭いんだこれ)
  • タバコのニコチンを患部に塗る
  • 米ぬか油を患部に塗る
  • 馬の油を患部に塗る
  • 熱い砂の上を歩く

などなど、根拠のない治療法がたくさんあります。こうした治療法は、科学的根拠もなくかえって症状を悪化させたり、かぶれの原因になったりします。
出所のわからない怪しげな民間療法に頼るよりも、ぜひ専門医の診察なり、市販薬をつけてみるなりすることをオススメします。

日光浴で水虫は治らない

どうも、日光浴で水虫が治るという言い伝えがあるようです。
患部を乾燥させるという目的であれば多少の予防効果はあるのでしょうが、水虫そのものの治療は不可能です。確かに紫外線を利用して殺菌するなどということはありますが、白癬菌を死滅させるような強烈な紫外線を使用したのでは人体の方が先にまいってしまいます。白癬の治療でも人体に害にならない程度の紫外線を患部にあてて乾燥させたりする例もありますが、あくまでおジョ的なもので、白癬の根本治療にはなり得ません。
日光浴では白癬は治せませんが、足の裏に太陽光を当てることで、患部の乾燥を促し、少しは予防につながるかもしれません。あくまで、気持ち程度で。

Filed under: 水虫の診断と治療 — admin 11:35:57

内服薬の用い方と注意点

水虫治療のための内服薬は、医師の処方によりますので、その指示に従えばよいことになりますが、一般的な注意点を記載しておきます。 (more…)

Filed under: 水虫の診断と治療 — admin 16:11:49

外用薬を効果的に使う

足を清潔にしてから外用薬を塗る

外用薬を用いた水虫治療を行う場合に、まず外用薬をごく少量、患部から少し離れた場所の正常な皮膚に塗り込んで一晩様子を見ましょう。 (more…)

Filed under: 水虫の診断と治療 — admin 15:35:48

外用薬の特徴と使用法

使い方により効果も変わります。

外用薬は「基材」と呼ばれる溶媒に、有効成分である「取材」を配合して作られています。基材には、薬効の持続性や薬の使用感などを考慮して、アルコールや油脂などが使われています。 (more…)

Filed under: 水虫の診断と治療 — admin 11:56:28

抗真菌剤が主役

多種多様な抗真菌剤

カビが原因で起こる皮膚疾患を真菌症というのはこれまで述べてきたとおりです。
水虫もカビの一種、白癬菌が原因で起こるので、水虫の薬物治療にもカビに作用する薬、抗真菌剤が使われています。 (more…)

Filed under: 水虫の診断と治療 — admin 22:28:42

薬物と生活ケアが治療の基本

水虫治療の目的は、かゆみなどの症状を改善し、再発を防いで体から白癬菌を追い出すことにあります。そのために、薬物療法と生活ケアが治療の2本柱となります。 (more…)

Filed under: 水虫の診断と治療 — admin 23:36:05

水虫治療は焦らずじっくりと…

水虫治療は本人の心構えが大事

水虫を完全に治し、再発しないようにするには、まず本人の「水虫を治そう」という積極的な姿勢と心構えがぜひとも必要です。いくら、医師がしっかりとした治療方針を立て、 (more…)

Filed under: 水虫の診断と治療 — admin 9:28:28