スポンサードリンク

急増!若い女性の水虫

スポンサードリンク
水虫は男性がかかる病気だと思っていますか?実際、女性の水虫患者はあまり耳にしないですよね。しかし、水虫は性別を選んだりしません。男性・女性にかかわらず、水虫は起こります。女性は水虫(more…)

Filed under: 水虫の基礎知識 — admin 9:00:28

水虫の原因は“カビ”

足に出来た水虫は「足白癬」

スポンサードリンク
足からいやな臭いがする!!
足の裏や指の間がかゆくてタマラン!!
足の皮がボロボロむけてミットモナイ!!
(more…)

Filed under: 水虫の基礎知識 — admin 11:29:58

皮膚のしくみと白癬菌

スポンサードリンク
白癬菌は、皮膚に寄生します。条件さえ整えば体のどこにでも寄生するのですが、主に足に寄生する事がほとんどです。 (more…)

Filed under: 水虫の基礎知識 — admin 9:00:02

水虫の症状と皮膚との関係

皮膚は外科医の刺激から体を守るバリア

スポンサードリンク
炎症やかゆみなどが水虫の症状として 起こるのは、皮膚の構造と共にその働きや役割とも深い関係があります。
人間の体は、外から侵入しようとする有害物質や刺激を取り除いて体を守るバリアの役割を果たす皮膚で全体が覆われています。
異物が皮膚に触れると、その異物を敵か味方か判断し、害毒となるものは取り除こうと するのです。これを免疫反応と呼んでいます。
また、さらに大きな刺激を受けると、同じように免疫反応が起こりますが、免疫反応が過剰になると皮膚が赤く腫れたり、かぶれやかゆみ、痛みを感じる事があります。これをアレルギー反応と呼んでいます。外的や刺激に対して体を守ろうという防御反応として、こうした皮膚の症状が起こるのです。

水虫の原因である白癬菌は、皮膚にとっては異物です。 この白癬菌が皮膚にとりつくと当然に、菌を異物として排除しようとします。すると、白血球などの援軍が体の中から集まってきて、白癬菌軍と生体防御軍とのあいたで熾烈な戦いが繰り広げられます。そのために、足の裏や趾間の皮膚はその戦場となって炎症が起こり、赤みやかゆみ、水ぶくれなどの症状が現れるのです。長い間白癬菌に侵されると、皮膚全体が厚くなり、ボロボロとむけてくるようになります。

皮膚は体温調節や吸収・排泄作用も行う

皮膚は汗腺や毛孔などを通じて、必要なものを摂取して体内に取り入れ、不要なものを排泄する機能も持っています。さらに、汗をかいたり皮膚を収縮させることで、体温を調節する働きもしています。入浴すると皮膚がふやけて手足の指にしわができるのも、皮膚の持つ機能によるものです。

さて、足です。長時間靴を履き続ける方はたくさんいらっしゃると思いますが、そのような場合足はどうなっていると思いますか?
靴の中は、汗をかいて高温多湿になっているはずです。足の皮膚も蒸れてふやけていることでしょう。このような状態は、カビの一種である白癬菌が生息するのに、非常に好都合な環境になっています。そのまま皮膚を洗浄せずにおくと、白癬菌以外の細菌類も繁殖し始めて異臭を放つようになります。

皮膚の主な機能と役割

  • 外界の刺激から体を保護する
  • 体温を調節する
  • 温度・感触・痛みなどを感じる
  • 汗・皮脂などを分泌・排泄する
  • 呼吸・吸収を行う
  • ビタミンDを合成する
  • 傷口を修復・再生する
  • 免疫・アレルギー反応
  • 第2次性徴器官を形成する

スポンサードリンク

Filed under: 水虫の基礎知識 — admin 9:00:15

いろいろな水虫

同じ白癬菌でも場所により病名が代わります。

白癬菌による皮膚病といえば、水虫が代表格ですが、白癬菌が寄生する体の部位によって、それぞれ違った病名がつけられています。 (more…)

Filed under: 水虫の基礎知識 — admin 9:00:11

白癬菌の種類と特徴

数万種類のカビが自然界には存在するといわれています。カビという生物は、動植物や食品、生活用品などにとりついたり、土中、水中、空中などで生存・繁殖する、細菌などを除いた菌類の総称をいいます。 (more…)

Filed under: 水虫の基礎知識 — admin 9:00:28

足白癬の原因菌

水虫、特に足白癬の場合は、紅色菌趾間菌と呼ばれている2種類の菌が原因であることが、水虫全体の約9割を占めています。 (more…)

Filed under: 水虫の基礎知識 — admin 9:00:47

白癬菌は爪も大好き!

足の爪、キレイですか?水虫にかかっていませんか?
足の水虫を放っておくと、白癬菌は容赦なく広がっていきます。皮膚の一部である爪や体毛も、水虫の好物「ケラチン」でできているので、やはり白癬菌の攻撃対象になります。 (more…)

Filed under: 水虫の基礎知識 — admin 9:00:02

水虫の感染源と感染経路

白癬菌の感染経路は多種多様

私たちの周りには白癬菌がいっぱい。常に周囲に存在し、宿主(人間)を探して寄生する隙をうかがっています。白癬菌の感染経路は、人間から人間、動物から人間、土から人間など、多種多様です。 (more…)

Filed under: 水虫の基礎知識,水虫の感染経路 — admin 9:00:26

水虫にかかりにくい人もいる

これはどんな病気にも言えることかもしれませんが、水虫の場合も白癬菌に感染しやすい人としにくい人、また、感染しても症状が現れない人や逆に重く出る人がいます。
同じ白癬菌に感染したのに、それに対する反応が異なるのはどうしてでしょうか?
それは、生まれつきの体質や生活の仕方などが大きな要因になっているのだと考えられます。
例えば、白癬菌が皮膚にとりついても抵抗力が強ければ繁殖しかねるでしょうし、足の指の間が広い人は、通気性がよいので白癬菌がとりついてもこれまた繁殖しかねるでしょう。逆に、同じ靴を毎日長時間はいているような人は、靴の中が高温多湿なので白癬菌がとりつけば格好の住みかとなるでしょうし、その上吸湿性が期待できないナイロン靴下などを履いていようものなら、これはもう、白癬菌に「繁殖して下さい」と頼んでいるのようなものでしょう。
何が言いたいかというと、白癬菌水虫の活動は宿主である人間をとりまく生活環境によって大きな影響を受けていると言うことです。いつも体を清潔にしておけば、白癬菌がとりついても石けん水やシャンプーで流されてしまうでしょう。また、白癬菌は皮膚に潜り込んでも、生育条件が整わないうちは活動ができないので、様子をうかがいながらおとなしくしていることもあり得ます。

水虫になりやすい人がいます白癬菌にも他の病気と同じように、感染してもすぐに発症しないである程度時間をいて症状が現れる「潜伏期」があります。白癬菌の潜伏期は、短い場合は1週間から数週間、長い場合は数ヶ月から数年に及ぶこともあります。この違いは、金の種類や宿主である人間の体力や抵抗力、生育条件などによるものと考えられます。
まれに、抵抗力が強い人がいるようで、白癬菌が感染しても皮膚内で潜伏したまま発症せず終わこともあるようです。水虫に勝つ人ですね。

また、水虫が運悪く発症しても、ある程度共通した症状は見られるものの、その内容や経過はまちまちです。このように、水虫は発症の仕方や症状、その経過において個人差の大変大きな皮膚病といえます。

Filed under: 水虫の基礎知識 — admin 11:30:07