スポンサードリンク

水虫の感染経路

家庭内での感染経路

スポンサードリンク
家族に水虫の人がいるからと言って必ずうつるとというものでもありませんし、水虫の人の足に触れたからといっても必ずうつるものではありません。水虫の原因である白癬菌の感染力はそれほど強くはないのです。
白癬菌は水虫にかかっている人のアカ(皮膚の剥がれ落ちたかけら)などに付着しているのですが、剥がれ落ちたアカなどが他人の皮膚に付着することでうつりますが、高温多湿という白癬菌が好む状態が保たれていなければ新たな皮膚の中に入り込むことはできずに死滅してしまうことが分かっています。繰り返しますが、白癬菌の感染力は弱いのです。
一度水虫にかかった人が、家族の剥がれ落ちたアカなどで再感染する可能性があると言われていますが、一度かかった人は白癬菌が好む高温多湿の足の状況を作りやすい生活環境にある可能性が高いので再発する可能性があるのです。
白癬菌は高温多湿が大好きなので、剥がれ落ちたアカなどが付着している浴室のマット(いかにも湿っていそうですね)などでは多数見つかる事が多いようです。たとえ水虫の人がまきちらしたアカでも、乾燥した場所や寒い場所では白癬菌はすぐに死滅してしまうのですが、暖かい浴室などでは生きていける環境なので、水虫の感染場所となることが多いのです。
日本では室内で靴を履く習慣がないので、素足やはだしで過ごす人が多いため、家庭での家族感染が最も多いと言われています。家族に水虫の人が居る場合は、白癬菌が家中に存在しているでしょう。中でもバスマットなどの浴室周辺が一番多い箇所ですから、バスマットをこまめに変えて洗濯する事で他の家族への感染をうつ移る可能性は変わります。サラリーマンなど靴を長時間履く人は、靴の中が高温多湿の状況になりやすいので感染する確率も高くなるでしょう。

家庭外での感染経路

水虫の感染経路
その貸靴要注意!

その貸靴要注意!水虫の感染経路で多いのが、不特定多数の人が出入りをする場所。たとえばゴルフ場やスポーツジムのお風呂場のマットなどがあげられます。あと他人と共用使用するもの、貸スケート靴、ボウリング場の貸靴などなど、考えればたくさんあります。キーワードは共用です。多数の人が繰り返し使用するので、不潔になりやすいのは想像できますよね。

スポンサードリンク

Filed under: 水虫の感染経路 — admin 23:48:58

共同施設は要注意

プール、サウナ、共同浴場などは注意しましょう。

スポンサードリンク
日常生活の中では、白癬菌に感染する機会には事欠きませんが、特に水虫に感染しやすい場所として要注意なのは、不特定多数の人が素足で歩き回るプールや共同浴場などです。また、スポーツジムや飲食店のお座敷、旅館なども要注意です。特に、浴場にある不特定多数の人が使用する足ふきマットには角質のくずが落ちている可能性が高く、しかも白癬菌の繁殖にはちょうどよい場所なので、マットの上で足をこすったりしないことです。
素足で行動する場所以外でも、靴を脱いで靴下を履いたまま行動する場合は、床やスリッパなどを通じて白癬菌に感染することは充分考えられますので油断は禁物です。

白癬菌の感染予防としては、プールやサウナなどで歩き回った後は、施設の洗浄設備を利用して足をよく洗い清潔を取り戻してから退出するようにしましょう。また、そういった設備のないところだった場合は、帰宅後なるべく間をおかずに足の汚れを洗い流しよく乾燥させるようにしましょう。

あと、靴を借りるスポーツ、例えばスケートやボウリングなども要注意です。貸し靴は、不特定多数の人が使用しているので、白癬菌に汚染されていることも多く、貸し靴から白癬菌をうつされることも充分考えられます。貸し靴は、くれぐれも素足のままはいたりせず、持参の靴下などを使用して直接触れないようにしましょう。また、使用後は足をきれいに洗い、乾かすことが必要でしょう。

共同生活も要注意

学生寮や部活動などでの長期間の合宿で共同生活を送っていると、これも白癬菌に感染する確率は高くなります。施設の清掃はもちろんのこと、身の回りを清潔に保ち、白癬菌に感染することがないようにしたいものですね。

スポンサードリンク

Filed under: 水虫の感染経路 — admin 1:38:42

スリッパ・サンダルの共用は避ける

履き物の共用は水虫の感染源

当然ですが、水虫の人が使っている履き物は、白癬菌に汚染されていると考えて間違いありません。白癬菌は、足から剥がれ落ちた角質のくずに付着しています。このくずが履き物についているのですから、室内履き、外履きにかかわらず、共同で使用した物であれば水虫に感染してしまう確率は高くなります。
水虫に感染したくなければ、家族間でも履き物の共用は避けることが重要です。
また、履き物を購入する時も、つま先がでて通気性のよいデザインのものや、丸洗いできるものなどを選ぶとよいでしょう。
人気のあるイボイボのついた健康サンダルですが、イボイボの突起物の間にほこりとともに白癬菌や雑菌類がつきやすいので、時々きれいに洗って充分乾燥させることです。

自分専用のスリッパを携帯する

どこにでもある医療機関や公共施設、また旅行先などで、スリッパやサンダルを使用しなければならないことはよくあります。あまり神経質になる必要はないでしょうが、時には非常に管理が悪かったり、明らかに不衛生で汚れたような履き物しかないことがあります。
こうした履き物を使用したからといって、必ずしも水虫に感染するとは限りませんが、念のため使用後は足を洗ったり、靴下を履き替えるなどして予防を心がけるのが無難でしょう。入浴後、素足で共用スリッパを履く機会が多い温泉施設などでは、とくに足の清潔に気を付けましょう。
一番安心なのは、自分専用スリッパを持参することです。最近は、軽量で折りたためる携帯に便利なスリッパも市販されていますので、外出の歳はこうした履き物をバッグの中に忍ばせておくと、水虫予防に一役買うこと間違いありません。

Filed under: 水虫の感染経路 — admin 17:26:59

水虫を防ぐ靴の扱い方

一日中靴をはいていると、どの位汗をかくかご存じですか?なんと、コップ1~2杯程度の汗をかいてしまうんだそうです。
汗の量は運動量や靴の素材・デザインなどによっても異なってくるのですが、通気性の悪い靴ほど汗による湿気が靴の中にこもりやすくなるというのは容易に想像できると思います。
長時間靴をはいていると足が白くふやけていることがありますが、これは発汗と熱(体温)で、靴の中が蒸し風呂状態になってしまうためです。
靴は白癬菌や雑菌類の格好の住みかになりやすい履き物と言えます。しめった靴をそのまま放置したり、同じ靴をいくにちも履き続けていたりすれば、水虫に感染しやすくなるのも当然のことで、その上汗の成分が変質すれば異臭を放つことになります。

水虫を防ぐ靴の扱い方

水虫のケアと予防では、足の手入れと同じように白癬菌の温床になりやすい靴を中心とした履き物の管理も重要となります。
日常生活では、靴の扱い方ひとつについてもよく注意し、いろいろと工夫して水虫を予防するようにしましょう。

水虫予防のための上手な靴の使い方

  • 靴は通気性の良い物を選ぶ。
  • 締め付けのきついハイヒールなどは極力避ける。
  • 複数の靴を用意し、順番にはくようにする。
  • 靴を長時間履き続ける時は時々ぬいで湿気を外気に逃がす。
  • 水虫の症状がひどい場合は、靴でなく通気性のよいサンダルを使用する。
  • 使用後の靴は湿気を取るために新聞紙などを中に詰めて極力乾燥させる。
  • 休日は靴をはかないようにする。
  • 使わない靴は天日にあてて乾燥させ、抗菌防臭剤をかけておく。
  • 丸洗いできる靴の場合は、時々洗濯する。
  • 中敷きも時々交換する。
  • 下駄箱にも風を入れて内部を乾燥させる。

Filed under: 水虫の再発防止と予防,水虫の感染経路 — admin 2:32:15

水虫の感染源と感染経路

白癬菌の感染経路は多種多様

私たちの周りには白癬菌がいっぱい。常に周囲に存在し、宿主(人間)を探して寄生する隙をうかがっています。白癬菌の感染経路は、人間から人間、動物から人間、土から人間など、多種多様です。 (more…)

Filed under: 水虫の基礎知識,水虫の感染経路 — admin 9:00:26